年代別、貯金額と年収の関係

みんなどれくらい貯金してるの?年代別、貯金額と年収の関係。

a1

年収や手取り、貯金額の関係について書いていきたいと思います。

まず始めに「年収」と「手取り」とは何なのかということを書いていきたいと思います。

年収とは、サラリーマンなどの会社員の場合に、月々の給与やボーナスなどの年間の全ての報酬の合計を税法上で「収入」と言います。 そしてこれが一般的に言う「年収」のことで、「税込み収入」や「額面」などと言われることもあるようです。 また交通費や支給は、年収には含まれません。

そして手取りとは、毎月自分がもらっているお金は、税金や社会保険料が差し引かれたものを言います。 税金は所得税や住民税で、社会保険料は年金保険や健康保険などを言います。

では、年収がどれくらいだと手取りはどれくらいになるのかということと、年収と手取りを見て、理想の貯金額はどれくらいなのかを少しだけ紹介したいと思います。

年収が150万円だと、手取りが110~130万円で理想の貯金額は20~25万円位
年収が200万円だと、手取りが150~170万円で理想の貯金額は30~35万円位
年収が300万円だと、手取りが200~240万円で理想の貯金額は40~50万円位
年収が400万円だと、手取りが280~320万円で理想の貯金額は55~65万円位
年収が500万円だと、手取りが360~400万円で理想の貯金額は70~80万円位
年収が600万円だと、手取りが430~490万円で理想の貯金額は85~100万円位
年収が700万円だと、手取りが500~550万円で理想の貯金額は100~120万円位
年収が800万円だと、手取りが560~620万円で理想の貯金額は110~130万円位
年収が900万円だと、手取りが610~660万円で理想の貯金額は120~140万円位
年収が1000万円だと、手取りが650~720万円で理想の貯金額は130~150万円位


年収1000万円まで書いてみました。また手取りについては、同じ年収であっても、扶養の家族の人数などでも変わってきますので、目安として見てください。

ちなみに、ハイクラスと言われるクレジットカードを作るとなると、年収がひとつの審査の基準にもなってきます。アメックスカードやゴールドカードがその一例です。
http://xn--amex-ok4cljue.com/
このサイトは申し込み基準の参考になりますが、年収が申し込みの基準となっていることがわかるでしょう。

またどのようにしていくといいのかのポイントを年収金額別に紹介していきます。 また年収が150~200万円までだと、税金などが30万円前後と少ないものの、月の手取り金額で考えてみると9~14万円なので、生活が苦しいという人が多いかもしれません。 理想の貯金額は手取りの20%なので、貯めるとなると生活のやりくりを努力しないとやっていけません。 手取りの20%がキツイと感じるのなら、月々の貯金額を少なくして長期間でコツコツを貯金するようにするといいと思います。

年収300万円だと手取り金額が200~250万円です。全体を見てみても年収で最も多いのが年収300~400万円の間です。 200万円までと比べてみると、生活は少しは楽になるかもしれませんが、生活がギリギリだというご家庭もあると思います。 手取りの20%を貯金というのは厳しいかもしれませんが、努力することが大切だと思います。

年収400万円だと、手取り金額が280~320万円です。月々で考えると23~26万円位だと思います。毎月5万円位貯金することになります。 住宅費や固定費を削減するなどするといいかもしれません。

年収が500万円だと手取り金額がだいたい360~400万円位です。月々で考えると30~33万円位になりますから、これくらいになってくると生活が一気に安定してくると思います。

結婚して子供がいるご家庭では、児童手当や扶養控除などが受けられるので、手取り金額が増えるということです。

安定してくるからといって決して油断をしてはいけません。手取りの20%をしっかり貯金にまわせるようにすることが大切です。

年収が600万円だと、手取り金額がだいたい430~490万円です。月々で考えると36~41万円位だと思います。これくらいですと、少しずつ豊かさを感じるようになってくるかもしれません。 また世の中では「損なく稼ぐなら600万円くらいが最もバランスがいい」と言われているようです。 ですが逆に油断してしまって贅沢することが増えてしまうと、生活が苦しくなる境目でもあるということを決して忘れないでください。 たまに贅沢するのはいいですが、頻繁に贅沢することは避けて、堅実に貯蓄を積み重ねていくといいでしょう。

年収が700万円だと手取り金額がだいたい500~550万円です。月々で考えると42~46万円位だと思います。 生活しるのに余裕が出来てくる年収金額だと思いますが、それと同時に油断してしまう可能性も非常に高くなってくる年収でもありますので、気をつけてください。

手取りの20%となっていますが、余裕がるのなら手取りの30%を貯金にまわすという風にしてもいいと思います。 無駄遣いをしてしまうよりは、貯金にまわした方がいいと思いますので、余裕があるなら考えてみてはどうでしょうか。

年収が800万円だと手取り金額が560~620万円で、月々で考えると47~52万円位になると思います。 所得税などで年間200~250万円位が差し引かれている計算になります。年間で200~250万円と考えると結構キツイですよね。

年収が900万円だと手取り金額が610~660万円で、月々で考えると51~55万円位だと思います。今までの年収と比べてみると、手取り金額があまり上がっていません。 世の中では、かなりの高収入といって良いでしょう。ですが、それと共に家や車、着る服や子供などに全ての物に対して「人よりワンランク上」をというこだわりが生まれてしまう人もいるようです。 ですが、贅沢をして生活し続けて、経済状態が少しでも悪くなってしまうと、今までの生活のレベルをなかなか下げることが出来ず、家計がそのまま破綻してしまうという家庭も意外と多いようですので、注意しましょう。

年収が1000万円だと手取り金額が650~720万円です。そして月々で考えると、54~60万円位になると思います。 年収が1000万円というのは誰でもあこがれる金額だと思います。全体の中で考えてみると年収1000万円以上もらえる人は3~4%くらいしかいないそうです。 例えば一流企業の役職クラスの人というような限られた人だけの境地だと考えてください。

このように年収や手取り金額で貯金額も変わってきました。ですがどの年収の人でも手取りの20%を貯金にまわすようにするという所は全部一緒でしたね。

余裕がある人であれば、20%より多く貯金にまわしてもいいと思いますし、厳しいという人であれば、少しだけ下げるなどして自分が苦しくない程度の金額を毎月貯金するようにすればいいと思います。