年代別 貯金額 目安

年代別の貯金額の目安はどれくらいなのか

年代別の貯金額の目安はどれくらいなのかについて紹介したいと思います。 初めに言いますが、あくまでも目安であり、必ずしもいくらにしなくてはいけないというものではありませんので、参考までに目を通して見てください。

年収は、年齢によっても変わってきますし、役職によっても変わってくると思います。なので、年収が変わってくれば当然貯蓄に回せる原資も変わると思いますし、貯金する金額も変わってくるということです。 なので、年収や貯金が年代によってどのように変化していくのかを紹介していきたいと思います。

まず始めに20代からですが、20代の平均貯金額が203万円です。 では20代の年収は、どれくらいなのでしょうか。
300万円未満34.7%
300万円以上500万円未満50.0%
500万円以上750万円未満14.3%
750万円以上という人は、1人もいませんでした。

では、20代で貯金としている人はどれくらいいるのかというと、貯金をしている人は、30.6%だそうです。 ではこの30.6%の人は、どれくらい貯金しているのでしょうか?
100万円未満14.3%
100万円以上200万円未満12.2%
200万円以上300万円未満6.1%
300万円以上400万円未満8.2%
400万円以上500万円未満8.2%
500万円以上700万円未満4.1%
700万円以上1000万円未満8.2%

1000万円以上という人は、いませんでした。

この結果を平均してみると、203万円になります。 そして700万円以上1000万円未満が8.2%もいました!この人は、きっと毎月コツコツ貯金していたのだと思います。

次に30代の平均貯金額は315万円です。 先ほどと同様に年収から見ていきたいと思います。
300万円未満17.2%
300万円以上500万円未満45.6%
500万円以上750万円未満30.9%
750万円以上1000万円未満3.2%
1000万円以上1200万円未満1.1%
1200万円以上2.0%

30代の年収を見てみると、300万円以上500万円未満の人が多いことは変わりがありませんでしたが、20代とは違い年収が750万円以上の人もいました。年代が違うので年収も違って当たり前ですが、結構違うものですね。

そして30代で貯金している人は、26.7%いるので、どれくらい貯金しているのか見てみましょう。
100万円未満9.9%
100万円以上200万円未満8.9%
200万円以上300万円未満8.9%
300万円以上400万円未満7.9%
400万円以上500万円未満7.9%
500万円以上700万円未満9.9%
700万円以上1000万円未満5.0%
1000万円以上1500万円未満3.5%
1500万円以上2000万円未満1.5%
3000万円以上0.5%でした。


これを平均すると315万円になりました。

平均貯金額が20代の平均貯金額と比べると100万円くらいの違いがありました。そして1000万円以上の人も結構いましたし、もっとビックリしたのが3000万円以上の人もいたことです。これを見てすごく驚きを感じたという人もいると思います。私は驚きと同時にすごいことだと思いまいた。

このように年代別・年収別で貯金金額に違いがあることがおわかりいただけたと思います。

また貯金額については、その人が1人暮らしをしているのか、家庭を持っているのか、親元で暮らしているのかでも貯金金額に違いが出てくるものだと思います。そして平均貯金額を知ることも大切なことだとは思いますが、平均貯金額を知るよりも貯蓄の目的を明確にするのが1番大切なことかもしれません。 目的って何かというと、例えば車を購入するため、家を購入するため、結婚資金のために貯金をするなどと明確な目的を持つことで、目的に向かって上手に貯金が出来るようになるかもしれません。

今回の結果で年収が高くなると、貯金額も増えていることがわかりましたが、中には年収が高くても貯金をあまりしていないという人もいますし、年収が低い人であっても毎月しっかり貯金している人もいるので、必ずしも年収が高い人が貯金額が高いということでもないようです。

なので、年収が高いから貯金額が高いということではなく、年収が高ければ貯金にまわせる金額が高くなるという風に考えた方が正しいのかもしれません。

年収が低くても、貯金を毎月しっかりするために、やりくりして生活して、毎月貯金している人もいるので、貯金額の違いは、その人がどれくらい貯金のことを考えているのかにもよると思いました。

そしてどのように貯金するのか、人それぞれだと思いますし、毎月の貯金額をどれくらいにするのかも人それぞれだと思います。 毎月の貯金額を決める時は、自分に無理のない程度の金額を決めて、しっかり貯金するようにしましょう。 無理な金額を決めてしまうと、上手に貯金できない可能性があるので、自分がどれくらいの金額なら毎月貯金できるのかをしっかり考えながら、金額を決めると上手に無理なく貯金が出来るのではないでしょうか。

また必ずしも平均くらいの貯金していなければいけない訳ではなくて、あくまでも年代・年収別の平均ですので、「平均より少ないから、もっと貯金しなきゃ」と思わなくても大丈夫だと思います。 なので、あくまでも平均と考えるようにして、参考にしていただければいいなと思います。